今回ご紹介する方は、全国でも稀少かつ貴重な、お子さんを専門とされた精神科医として、東京でクリニックを開業されている松谷先生です。家族全体をサポート しながら子どもへのプレイセラピーを積極的に活用しているクリニックは、とても少ないだけではなく、その仕事は想像力と根気を要する大変なお仕事なのだと 思います。先生は、いつもプレイセラピストの私たちや、地域の関係者の方々、学校の方々など、子どもを取り巻く人たちと、密に連携を取りながら、ネット ワークを常に重視していらっしゃって、その姿勢には本当に感銘を受けるばかりです。先生の、子どもを見つめる視線、一緒に働くスタッフへの気配りは、いつ もさりげなく、そしてとても温かいです。



今回ご紹介する方

  松谷克彦先生

1) 現在のお仕事をご紹介ください

子どもと子育てを支援するメンタルクリニックの精神科医 です。クリニックでは薬物療法は最小限にして、精神療法や心理療法で症状の奥にある本質的テーマと向き合ってゆく治療を目指しています。また、地 域支援において「顔の見える支援のネットワーク」を作るためのコーディネーターでありたいと思っています。


2) この仕事をしていて「よかった なー」と思う瞬間はどのような時ですか?
子どもの気持ちにさりげな くふれることができたかな?と感じる一瞬です。また、若い心理士の方が日々の臨床の中で成長している瞬間に立ち会える時も「よかった なー」と感じます。あとは、スタッフの飲み 会での最初のビールの一口、至福の瞬間です。


3) この仕事をしていて「難しい」と思うことはどのようなことですか?                                      大人どうしの協力が最も難しいと思 います。家庭でも学校でも地域でも。大人の大人たる所以はなんだろう?とあらためて考えさせられます。

 


4) この仕事をしていて、「子どもから学んだ」と思ったことはどんなことですか?
月並みですが、子どもの心の世界が限りなく豊かであること。また、子どもの遊びがすばら しい可能性に満ちていること。それらを実感する毎日です。



 *松谷先生が開業されているクリニッ クのウェブサイトはこちらです。

http://www.matsutani-clinic.com



Copyright (C)Tokyo Center for Play Therapy

All Rights Reserved
 
Make a Free Website with Yola.