第2回

こんにちは。第2回目も見て下さってありがとうございます。

「次女1歳の誕生日には 手押し車」
「5歳長女の長女には 六華鏡」

 おかげさまで、先日下の子が1歳を迎えました。もちろん(!)ぴあのさんで誕生祝いを宅配して頂きました。歩き始めていたので、「手押し車が欲 しい、できれば外でも使えるものを」とぴあのさんに相談し、MICKI(スウェーデン製)のものにしました。持ち手はパイプ、タイヤはゴムなので丈夫で す。設計もとてもしっかりしていて、赤ちゃんが押しても前輪が浮き上がりにくいので安心です。また、物を乗せて運べるように、ちっちゃな木の台車がついて いて、次女はその箱 におもちゃを乗せてにこにこ運んでもいますが、主に自分で乗って遊んでいます。5歳の長女がゆっくり押してあげて、カートのようになったりもして、用途は 様々。これも、つたい歩き~よちよち歩きの時期のベビーにはお勧めです。

 

 

 

 この1年間、長女も、お姉ちゃんになって初めての年をいろいろな我慢をしながらよく頑張ったので、そのご褒美に「1人でじっくり観察したり眺めたりできるおもちゃを」とぴあのさんに相談し、六華鏡(ドイツ製)を同じ日にプレゼントしました。これは、外側は赤い木ですが、内側が三面鏡になっていて、下に物を置いて上からのぞくと、それが鏡の奥世界へどこまでも続いて見える、不思議できれいな世界が楽しめます。
 ちなみに、かつての長女の1歳の誕生日には、清水の舞台から思いきり飛び降りて!ルージュのオルゴールにしました(スイス製)。これは、「お値段がかわいくない」(高額商品の時の ぴあのさんの口癖です)ので、どなたにでも気軽にはお勧めはできませんが、ちょっとした音楽会を家で開いているようで、非常に質の高い音楽が自宅で楽しめて、実は密かにお勧めです。今は次女もこのオルゴールを朝起きた時に聞くのを楽しみにしています。




「おなかにいる赤ちゃんにおすすめのおもちゃ」

 さて、続いては前回予告した、おなかにいる赤ちゃんにお勧めのおもちゃをご紹介しますね。それは、ぬいぐるみのオルゴールです。次女を出産した時にもぴ あのさんに薦めて頂き、私もヴェストファーレンのくまのぬいぐるみのオルゴール(残念ながら今は廃盤)を0歳の誕生祝いにしました。今もよくこれで遊んでいます。

 以下は、ぬいぐるみのオルゴールについてのぴあのさんのお話です。

 おなかの赤ちゃんに、超!お勧めです。おなかの赤ちゃんにプレゼントができるのは、パパとママだけ。まだ他の誰にもプレゼントをもらうことはふつうはありません。昔は生まれていない赤ちゃんに物を買うのは禁物といわれた
時代もありましたが、おなかにいるときから、赤ちゃんはおもちゃの音やリズムによく反応します。おなかにいた時によく触れたものに、生まれた後に触れると安心し穏やかによく反応することが広く知られていますが、オルゴールの音色もそのひとつなのでしょう。ねんねの赤ちゃん時代、ぐずって機嫌が悪くても、おなかの中でよく聞いていたオルゴールの音を聞かせると、安心して泣き止むことが多い、というお客さんの声がとても沢山寄せられています。ぬいぐるみの生地に包まれているオルゴールの音は、とっても優しい。ぬいぐるみが汚れてしまって洗う時に、中のオルゴールを出して、それだけで聞いてみると、違いがよく分かります。お母さんの心音や血液の流れの音を録音してぬいぐるみに埋め込んであるおもちゃ(ぐずり対応)もありますが、聞いていてあまり大人が楽しいものではありませんよね。オルゴールの音楽は大人も一緒に安らぎ、楽しむことができますよ。ねんねの赤ちゃんの隣に寝かせておくと、ふと触れる肌ざわりも優しくて、ほっとするみたいです。ヴェストファーレンのくまは、タオル地と木綿の子供服の生地で作られていますが、シュタイフやジルケのもの(共にドイツ製)はウールや木綿でできていて、大人にとっても、どれもとても気持ちがいいものです。

 

 赤ちゃんが少し大きくなったら、ぬいぐるみについているひもをひっぱるだけで自分で簡単に音楽を聴けるのも良い点。眠い時、落ち着きたい時に、自分でひもをひっぱって音を聞いている幼児さんも何人もいます。想像遊びをするようになると、おままごとに使ったりもするそうですよ。
 今回このお話をうかがって、「あー私も妊娠中からおもちゃをベビーと楽しむ発想が欲しかったなーぴあのさんとのお付き合いは長いのに、聞きそびれていて残念!」というのが正直な感想 です。生まれる前から幼児期まで長く遊べるなんて素敵ですよね。ママにとっても特別なぬいぐるみになるでしょう。女の子なら、もっと将来お嫁に行くときに持っていく、なんていうことも??イメージするだけでにっこりしてしまいます。これをお読みになった方には、安定期になってママの気持ちが少し落ち着かれた頃から、是非試してみて頂きたいです。そして、お使いになってみての感想をお寄せ下さると嬉しいです。

 第3回は、ねんねの時期の赤ちゃんにお勧めのおもちゃを続けてご紹介します。その1つ、ニキのおしゃぶり(ドイツ製)は、おなかの中の赤ちゃんと普段お話するときに、一緒にカタカタ鳴らしてあげると、生まれた後も、そのカタカタの音が安心する音のひとつで大好きになる、ということがよくあるそうですよ。こちらもどうぞ
お楽しみに・・・。



(文責:たなべ ともえ)

Copyright (C)Tokyo Center for Play Therapy

All Rights Reserved.

 

 
Make a Free Website with Yola.